大人のウエディングパーティ!モノトーンで統一してシックに

好きなカラーを取り入れる

テーマカラーというのは、結婚式の印象を決める絶大な効果があります。そのため、おおまかなコンセプトを決めていく段階で、色も決めておくことが大事です。たとえば、黒と白という深い組み合わせから生まれる世界観は、モード感たっぷりになるでしょう。テーブルセットは、黒を基調にして、キャンドルの灯りとゴールドの煌きで、パーティ感を演出していきます。クラフトビールのラベルや新緑のブーケなど細部にまでこだわって全てをモノトーンで統一していきましょう。

お楽しみのサプライズも忘れずに

白と黒だとモード感たっぷりで大人の世界になりますが、遊び心を忘れないのがポイントですよ。ゲストを席に誘導するエスコートアイテムを、名前入りのポップコーンボックスにしてみましょう。モノトーンのクールな雰囲気だからこそ、遊び心のあるアイテムもおしゃれな印象になります。パーティ中も大人や子どもがポップコーンを頬張る、ほほえましい光景となるでしょう。

記憶に残るモチーフを

モノトーンの世界観の中に、記憶に残るモチーフを使うというのも大事なことです。白と黒の世界にもロマンチックさをプラスしてみましょう。1分、1秒、大切な時を刻んでいく時計を使っても素敵ですよ。パーティのスタートの際には、時計のベルでスタートさせましょう。テーマには名作を取り入れるのもよく、シンデレラをイメージするような時計演出もいいでしょう。そのため、メインテーブルのバックボードには大きな時計を飾って、あえて23時55分にあわせておきます。

京都の結婚式場では、地元で採れた京野菜を使用した和会席やフレンチなどを楽しむことができる会場が多く、また和菓子を使用したウエディングケーキやデザートなどもあります。